調律の重要性

ピアノは定期的に調律を行う必要があります

ピアノを持っている人は、ほとんどの人が定期的に調律をしています。 ピアノはとてもデリケートな楽器で、熱や湿気に弱いのです。 そしてその寿命は、調律メンテナンスの有無で違ってきます。 ですから、毎年、内部のすべてを点検し、音程がずれていないか、音がきちんと出ているかなど基本的な調整をします。 調律は、音合わせだけでなく、整調、整音の3つのバランスが大事です。 良い調律が施されていると、音の響きが違います。 性能の良いピアノであっても、調整が悪いと持っている性能を引き出すことができないのです。 ですから、大切なピアノを守るためには、できれば1年に2回、それが無理ならば最低でも1回は調律メンテナンスを行なう必要があります。

楽器はメンテナンスが大事

ピアノの調律師のレベルには差がありますので、良い調律師を知っている人がいれば、紹介してもらうといいです。 音色、タッチ、響きというのは、メンテナンスをする人によって差が出ます。 耳の良い人であれば、その違いがすぐにわかります。 定期的なメンテナンスを行い、良い調律をしたピアノはとても弾きやすいので、子供が熱心にピアノの練習をするようになったという例もあります。 逆に、きちんとメンテナンスをしていないピアノの場合、子供の心が離れてしまう場合もあります。 たかがメンテナンスという人もいますが、楽器にとってメンテナンスは非常に大切なものなのです。 ですから、良い調律師を選ぶことは非常に大切で、ピアノの先生や知人からの紹介があればいいのですが、ない場合は楽器メーカーで紹介してくれる場合もあります。